「コルク抜き(ワインオープナー)」が無い時の代用テクニックをご紹介

「コルク抜き(ワインオープナー)」が無い時の代用テクニックをご紹介

「自宅でオシャレにワイン会…あれ?コルクが抜けない」

こんな経験はありませんか?

 

ワインって最近はコンビニでも購入できますし、ボトルキャップがコルク式のものではないものも多いです。

ただ、貰い物のちょっといいワインなど「コルク抜き(ワインオープナー)」が必要になるシーンも意外とあるものです。

 

そこで今回は、「コルク抜き(ワインオープナー)」が無い場合の代用テクニックをまとめてみたいと思います。

 

「コルク抜き」が無い時の代用テクニック

ではコルク抜きが無い時に使える代用テクニックをご紹介していきたいと思います。

いくつかあるので、自身で用意できそうな方法、試せそうな方法から実施してみてください。

 

ネジを使った方法

まずはネジを使ってコルクを抜く方法からご紹介していきます。

具体的な手順としてはこんな感じ。

  1. ドライバーでネジをコルクにねじ込む。
  2. ペンチフォークなどをネジの頭に引っ掛ける。
  3. まっすぐ引き抜く

引き抜く際にあまりグリグリしてしまうと、コルクの内部がえぐれてしまってネジが抜けてしまう場合もあるので注意してください。

 

また、ネジが短すぎると引っ掛かりが浅すぎてすぐにコルクがちぎれてしまうので、最低でも5㎝以上の長めのネジを使うのがオススメです。

 

バターナイフを使った方法

続いてご紹介するのは、バターナイフを使ってコルクを抜く方法です。

手順としては非常にシンプルです。

  1. ナイフをコルクの真ん中に突き刺す。
  2. 突き抜けない程度に挿し込む。
  3. ゆっくりと回しながら引き抜く

ある程度コルクの頭がボトルから出てきたら、ボトルとコルクの隙間にナイフをねじ込み、テコの原理を利用してグイグイと押し上げてみるのも有効です。

 

ちなみにバターナイフ以外にもステーキナイフなど、細さが一定のものであれば代用可能です。

 

ボトルを壁に叩きつける方法

大胆にもワインボトルを壁に叩きつけることでコルクを抜くという方法もあります。

詳しい手順としては以下の通りです。

  1. ワインボトルの底を厚手のタオルなどで包む。
  2. ワインボトルを横にして底を壁に叩きつける
    ※割れないように優しく
  3. 何度も繰り返す。
  4. コルクの頭が出てきたら手で丁寧に引き抜く。

この方法は、何もヤケになって叩きつけているわけではなく、「キャビテーション(空洞現象)」という物理現象を利用した合理的な方法なんです。

ボトルを壁に叩きつけることで中で細かい気泡が発生するんですが、その気泡が割れる際にコルクに圧力が掛かるため、徐々に押し出されて来るんだそうです。

ちなみに、タオル以外にも雑誌ゴムシート、屋外であれば靴底を利用することでも可能ですので、機会があれば試してみてください。

 

針金ハンガーを使った方法

最後に細めの針金ハンガーを使ってコルクを抜く方法もご紹介しておきます。

手順としては以下の通りです。

  1. 針金ハンガーをばらしてできるだけ真っすぐにする。
  2. 先端を折り曲げてカギヅメ状にする。
  3. ワインボトルとコルクの隙間にねじ込む
  4. 貫通したら90度回してカギヅメ部分をコルクの底に引っ掛ける
  5. ゆっくり引き抜く。

引き抜く際の安定感は非常にあるんですが、意外と太さがあるためねじ込むのに一苦労するかもしれません。

針金ハンガーをばらす際にはケガに注意しながら実施してみてください。

 

コルクが抜けなくなってしまったら…?

ちなみにご紹介した方法を試してみたものの、コルクが砕けてしまって抜けなくなった…なんてこともあるかと思います。

慣れると結構簡単にできたりするものの、コルクの古さや湿度なども影響するため、途中で千切れてしまうこともよくあるんです。

 

そういった場合下手にあがいてさらに状況を悪くするくらいなら、思い切ってコルクをボトルの中に押し込んでしまうのも一つの手です。

ワインを注ぐ際に多少コルクの破片が混ざってしまうかと思いますが、コルクは木製で最悪飲み込んでしまっても害はありません

 

どうしても気になる場合は、「茶こし」などでろ過しながらグラスに注ぐといいかと思います。

 

まとめ

今回は、ワインのコルク抜きが無い時の代用テクニックについて色々と情報をまとめてみました。

改めてご紹介した内容を簡単に振り返っておきましょう。

コルク抜き(ワインオープナー)が無い時の代用テクニック

  • ネジを差し込んで抜く
  • バターナイフを突き刺して抜く
  • ワインボトルの底を壁に叩きつける
  • 針金ハンガーで引っ掛けて抜く
  • 最後の手段はコルクをボトルの中に落とし込む

 

自宅でワインを飲もうと思ったらコルク抜きが無い…なんて状況におちいってしまった方はぜひ参考にしてみてください。

ライフハックカテゴリの最新記事