レモンの絞り方まとめ―すぐに使える居酒屋テク

レモンの絞り方まとめ―すぐに使える居酒屋テク

居酒屋などで出てくる料理ってよくレモンが添えられていますよね。

そのレモン、特に気にせず普通に絞っていませんか?

中には、これどうやって絞るの?って切り方もあったりして、困ってしまうことも…。

 

そこで今回は、レモンの絞り方についてすぐに使える便利なテクニックを色々とまとめてみました。

 

レモンの絞り方で風味が変わる?

風味付けのために料理に添えられることの多いレモンですが、その風味の度合いも絞り方一つでかなり変わってくるんです。

 

普段特に何も考えず「とりあえずギュッ…」っとしてしまっている方も、これからご紹介するテクニックをぜひ頭の片隅に留めておいてください。

ちょっとしたことではあるものの、一層料理がおいしく感じたり話のタネになったりと、役立つシーンもあるかと思います。

 

レモンの絞り方まとめ

では色々なレモンの絞り方についてご紹介していきましょう。

今回は、居酒屋などで一般的によく見る3パターンの「添えレモン」についてそれぞれ絞り方を解説しています。

 

くし切り

まずは居酒屋などでも出される機会が多いのがこの「くし切りレモン」でしょう。

レモンを縦に4~6等分したもので、皮の比率や形状的にも手で絞りやすく使いやすいですよね。

ただ、そのまま皮の部分を指でつまんで二つに折るようなイメージで絞っていたって方も多いんじゃないでしょうか?

 

ですがくし切りのレモンを絞る場合、実は「皮を下に向けて絞る」方がよりレモンの風味を余すことなく抽出できるんです。

絞る際の向きを変えるだけなんですが、よりレモン感を出したい方は一度試してみてください。

 

半切り

続いては、大人数向けの料理やレモン果汁をしっかりと味付けとして使用するような料理に添えられていることが多い「半切りレモン」についてです。

半切りレモンの場合、皮を下に向けてしまうとうまく果汁を絞れないため、素直に果肉側を下に向けて絞るしかないでしょう。

 

その際のコツとして、フォークなどを突き刺してグリグリしておくとよりうまく絞ることができます。

事前に内側を軽くほぐしておくことで果肉がつぶれて果汁が出やすくなり、全体的に柔らかくなるため手でも絞りやすくなります。

 

輪切り(スライスレモン)

最後に、飲み物などに添えられることも多い「輪切りレモン」の絞り方についてです。

輪切りにされたスライスレモンの場合、そのまま手で絞るには薄すぎてちょっと難しいですよね。

もちろん、手の汚れを覚悟して指先で握りしめて絞る…というのもありなんですが、お箸やストローを使った画期的な絞り方があります。

 

具体的な手順としてはこんな感じ。

  1. お箸(ストロー)を2本用意する。
  2. スライスレモンの端に表側からお箸を突き刺す。
  3. 逆側の端に裏側からお箸を突き刺す。
  4. 2本のお箸の先を交差する。
  5. そのままクルッと裏返す。
  6. レモンをねじる。

これで手を汚すことなくスライスレモンを綺麗に絞ることができます。

ただ行儀作法などを考慮すると若干見栄えが悪いため、同席の相手やお店の雰囲気などに合わせて使用してみてください。

 

場合によっては絞らない方がいいことも…

料理や飲み物にレモンが添えられていると基本的には絞るべきものだと思いがちですが、絞らない方がいい場合も意外とあります。

 

例えば上でもご紹介した「スライスレモン」などは、そもそもレモンを絞ることが目的ではないケースも結構あります。

軽い風味付けのためや、色合いのために装飾として添えられていることも多いんです。

そういった場合無理に絞ろうとするよりも、そのままそっとしておくか、料理に軽く押し当てて風味を楽しむ程度にしておくのがいいかと思います。

 

もっと効率的にレモンを絞るには?

ご紹介した方法以外にももっと効率的にレモンを絞るテクニックがあるので、ついでにご紹介しておきたいと思います。

具体的には以下の通り。

  1. レモンの端を片方だけ切り落とす
    ※1個丸ごとの場合
  2. 切断面に十字に切れ込みを入れる。
  3. 電子レンジで30秒ほど加熱する。
  4. 切った方を下に向けてゆっくりと絞る。

レモンをそのまま電子レンジにかけることで、中の細胞が崩れて簡単に絞りやすくなります。

また、端だけを切って絞ることで種が混ざってしまうのも防げるためオススメです。

ただし電子レンジにあまり長時間かけすぎると、外側の皮の部分まで高温になってしまうため、逆に絞りづらくなってしまうので注意してください。

自宅など、電子レンジが使える状況でレモンを絞る場合はぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回は、意外と知らないレモンの絞り方について色々と詳しく情報をまとめてみました。

改めて記事の内容を簡単に振り返っておきましょう。

レモンの絞り方まとめ

  • くし切り:果肉側を下に向けて絞る
  • 半切り:フォークなどで果肉をほぐしてから絞る
  • 輪切り:お箸を2本突き刺して捻る
    ※ただし絞らない方がいい場合も
  • 電子レンジで30秒ほど加熱するとさらに絞りやすく

 

普段特に気にせずレモンを絞っていた方も、頭の片隅に置いておくと居酒屋などで活用できるかもしれませんよ?

ライフハックカテゴリの最新記事