日本酒の正しい保存方法って?冷蔵庫はOK?

日本酒の正しい保存方法って?冷蔵庫はOK?

その日本酒の保存方法、あってますか?

 

普段からよく晩酌をしたりする場合、自宅に日本酒を置いているって方も多いかと思います。

ただ保存方法が間違っていると、せっかくのおいしいお酒も味や香りを損なってしまいます。

 

そこで今回は、日本酒の保存方法について詳しくまとめてみたいと思います。

 

日本酒の製造工程の違い

日本酒の保存方法について知る前に、製造工程による大まかな日本酒の種類分けについて簡単に解説しておきたいと思います。

日本酒の保存方法に影響するポイントとして、「火入れ」という工程を行っているかどうかが重要です。

 

この「火入れ」というのは、日本酒を加熱処理することで滅菌し、中の酵素の働きを抑える効果があります。

一般的に落ち着いた飲みやすい口当たりになる他、味の劣化速度も緩やかになるため、より長期の保存が可能になります。

 

逆にこの「火入れ」を行っていない日本酒は「生酒(なまざけ)」と呼ばれ、よりフレッシュな味わいになりますが、味の劣化もその分早くなります。

 

冷蔵庫で保存は正解?

日本酒の保存方法として、常温がいいのか冷蔵庫がいいのか悩むという声をよく耳にします。

これに関しては、基本的に日本酒は冷蔵庫での保存で問題ありません

 

生酒など冷蔵庫での低温保存が必須の種類はあるものの、冷やしてデメリットのあるケースはそれほどありません

逆に夏場など長期間高温な状態が続いてしまうと、日本酒が劣化した時に発生する独特な臭いが混ざってしまいますので注意が必要です。

 

紫外線は日本酒の大敵?

日本酒の保存方法に関して、温度に加えてもう一点気を付けておくべきことがあります。

それが、紫外線です。

 

日本酒は紫外線にさらされてしまうことで中の菌に影響がでてしまい「日光臭」と呼ばれる臭みが発生してしまうんです。

日本酒本来の味や風味がかなり損なわれてしまうため、絶対に紫外線を当てないように暗室での保存を心がけてください。

 

また酒瓶に新聞紙を巻いたり、購入時の紙箱に保管しておくことでも紫外線対策として有効です。

 

日本酒の賞味期限・消費期限

保存方法のついでに、日本酒の賞味期限・消費期限についても触れておきましょう。

 

日本酒に限らずウィスキーなど酒類全般には基本的に賞味期限の表示が義務付けられていません

と言うのも、アルコールには強い殺菌作用がありすぐには腐らないため、かなりの長期間保存することが可能なんです。

 

とは言え日本酒には菌類も多く含まれているため、成分の変化はどうしても起きてしまいます。

おいしく飲むためにも、だいたい10カ月~1年以内には飲んでしまうのがベストかと思います。

 

ちなみにあくまでもこれは開栓前の話です。

生酒などの場合は特に、一度開栓してしまうとすぐに味の劣化が進んでしまいますし風味なども損なわれていきますので、早めに飲みきってしまうことをオススメします。

 

日本酒の適切な保存方法

では日本酒の適切な保存方法について改めてまとめておきましょう。

日本酒の適切な保存方法

  • 基本的には冷蔵庫でOK
  • 紫外線は厳禁
    • 暗室で保存
    • 新聞紙で包む
    • 包装箱で保存
  • 消費期限は特になし
  • おいしく飲むなら1年以内

 

と言うわけで、保存の仕方について疑問に思っていた方はぜひ参考にしてみてください。

ライフハックカテゴリの最新記事